運河観光地帯は半道春紅、御船着場、江橋暮雨、青莎古鎮、北星公園など5大風景区を含み、昔の「十里銀湖墅、千年古運河」の繁華を再現しています。
    その内、拱墅区運河沿線観光地帯は、南が武林門客用船着場から、北へ石祥路までであり、全体的に「一線、二帯、三片、多点」の構造体系により設計しレイアウトしています。一線とは運河沿線で、二帯とは運河東、西両岸で、三片とは江涨橋片、小河直街片及び拱宸橋片で、その内、江涨橋片は江涨橋を帯紐として、総合的に運河沿岸の特色商業文化、宗教文化、倉庫貯蔵文化を反映して、小河直街片は小河歴史地段及びその派生用地に基づき、伝統的な商業社会から生まれた会館文化を核心として、「一河と五水」を利用し景色特徴を描いて、拱宸橋片は拱宸橋を核心として、総合的に運河文化を反映し、住民の町及び近代杭州の工業発展史を重点に現しています。多点とは運河沿線の40余りの観光スポットを指しています。
    東西両岸の40余りの観光スポットには、「湖墅八景」などの伝統的な観光スポットもあるし、高家花園、洋夫、桑庐などの文物保護単位もあります。東線の観光スポットは主に北星公園、運河文化広場、青莎古鎮、河塍広場、富義倉文化公園、御船着場観光スポット、忠亭を含み、西線の観光スポットは主にLOFT文化公園、橋西歴史保護街区、小河歴史保護街区、運河商務区、左候亭、半道春紅を含みます。

© 2012 Hangzhou Canal Group Company
Telephone: (0571) 82788866  Zhe ICP Bei No. 11051166 Technical Support:Mountor Corp  Browse statistics:62047times