運河は人工で切り開かれた航行水路です。唐の時代までは「溝、渠、漕渠、漕河、運渠」と呼ばれていましたが、宋の時代から「運河」という呼び方が出てきて、元?明の時代以降運河で城と城が繋がり始まります。わが国の歴史によると、自然条件の不足を補い、水上輸送を発展するため、春秋の時期、甚だもっと早い時期に運河の切り開きが開始しました。隋の時代が我が国の歴史で、運河の高度成長期です。隋の時代が設立された前、全国各地では次第に、「白溝」、「溝渠」、「陽渠」、「鴻溝」、「邗溝」、「江南運河」、「浙東運河」などの多数の運河を切り開きましたが、これらの運河が自然環境の変化或いは長年で修理されていなかったので、すでに詰まられました。ある運河は修理されつづ、今まで通行できますが、運河毎に独立していて、システム化になっていないので、全国範囲の水上運送は無理です。

隋の時代の設立は中国の長期の分裂局面が終了しました。西暦紀元605年隋の時代の二代皇帝煬帝-楊広は全国範囲で政治、経済、軍事を統一する需要を満足させるために、4月14日(隋大業元年3月21日)に、再び運河の工事が始まりました。「尚書の右官吏皇甫議に河南、淮北の100万人を動員され、「通済渠」を作りました」。「通済渠」は洛河城から開始し、西の澗水、洛河の水を黄河に導入する役割をします。それに、極清(今の河南ケイ陽県)から黄河の水を東洋(今の河南開封)へ、その後、汴水に沿って、商丘を通して、東南方向へ流し、最後は蘄水と繋ぎ、安徽の北を通じて淮陰へ流し、淮水と合流します。第一段階の工事により、洛河、黄河と淮河を結びました。

同年、煬帝は十数万の淮南の人民を集め、邢溝を開鑿しました。

608年2月、煬帝は「河北諸軍の百数万人を集め、永済渠を切り開け、沁水を南部の河、北部の深郡へ導入します」。

611年正月、隋煬帝は「北京から江南の杭州へと行幸するよう、全長800里(1里=0.5キロメートル)」の工事が竣工した後、全長4000里以上の大運河は全部貫通され、中国南北の交通大動脈として利用されています。

隋の時代で貫通された南北大運河は世界での最も歴史がある、掛かる年数が一番長い運河です。

© 2012 Hangzhou Canal Group Company
Telephone: (0571) 82788866  Zhe ICP Bei No. 11051166 Technical Support:Mountor Corp  Browse statistics:62047times