• コーステーマ: 船で千年の運河に流れ、千年の塘栖の漫遊 

     

     

       船で千年の運河に流れ、塘栖の五つの街で漫遊」と言われている古鎮の塘栖は、明?清の時代の古い建物は皆高い防火壁があり、屋敷や庭等は高いフェンスに隠されています。其の故に、建物の間に長く狭い通りが出来ていて、それに、塘栖は水郷なので、川沿いの街作りとなり、「街通り楼」と称されます。

     

    お勧めのコース
      朝九時に武林門埠頭から昔風の漕舫で長い歴史を持つ京杭大運河に沿って、北側に向くと、武林の新しい姿、夾城の春の紅、江橋の昔風景色、三河の月、拱宸の古跡、東塘の渡し、古橋二曲、水北の漁唄等の景色を楽しめる同時に、運河両岸に住んでいる十万の住民の日常生活姿も一見できます。それに、運河に往来している多くの船を見て、昔運河の風景を懐かしめ、今の運河の繁栄を体験することもできます。古鎮の塘栖に着くと、町の水、橋、井、お寺、碑、街、屋敷、廊下等の古跡を遊覧でき、昔風の町並み、屋根付きの廊下、清の時代の碑等観光地があり、独特な料理やお土産も楽しめることができ、江南で屈指の古鎮の歴史と文化及びその魅力を体験します。午後14:00に塘栖の埠頭で船に乗って、武林門に戻ります。

     

    コース案内:武林門―塘栖古鎮―武林門(往復約8時間)

    お問合せ電話:0571-88024368

© 2012 Hangzhou Canal Group Company
Telephone: (0571) 82788866  Zhe ICP Bei No. 11051166 Technical Support:Mountor Corp  Browse statistics:62047times