•  

        城東橋は1986年に建てられて、空港路に位置し、銭塘江溝通段に跨って、京杭運河に属します。橋の長さが90.30メートル、幅が18メートルで、鉄筋コンクリートT型簡支梁で、鉄筋コンクリートハンマーリング柱、開口箱型受台であります。

        橋の下に、元々は白廟があって、漢代の宰相萧何を供えていたそうであります。現在、運河橋はちょうど白廟の位置を占めたのに関わらず、地元の年寄りは依然として白廟の前、白廟の後の情況を覚えています。白廟は南に面して、合わせて3重があり、敷地が約200畝でした。以前に、廟の前に2つの橋があって、1つは白廟橋で、もう1つは範家橋でした。このあたりは糸工房に近づいているので、多くの家は織機を持っていました。橋付近に機神廟があって、現在の機神村の中にあります。話によりますと、機神が褚載であり、つまり褚遂良の第九代孫であって、彼は広陵から糸紡織の技術を杭州に連れてきて、だから、杭州の百姓に機神として供えられていました。城東橋の西南には、新しく建設される京恵花園で、橋下の臨河は既に運河花園に建設されました。

© 2012 Hangzhou Canal Group Company
Telephone: (0571) 82788866  Zhe ICP Bei No. 11051166 Technical Support:Mountor Corp  Browse statistics:62047times